シールラベル発注の売れ筋ランキング

三角の画像
top > おすすめのシールラベル情報 > シールラベルの大量注文の納期

シールラベルの大量注文の納期

書類などを分別する際や容器の中身を分かりやすくする際に、シールラベルは欠かすことができません。しかし、一度使ったものは徐々に擦り減って記入された文字などは見えなくなってしまいます。そうなるたびに貼り替えたりする必要性が出てきます。
あるいは別の用途で使うことがあるかもしれません。基本的にシールラベルは消耗品のため、買い置きが用意してあることが一般的ですが、ある分では足りずに継ぎ足しが必要になることが少なからずあります。場合によっては大量に用意しなければならないことがあるかもしれません。
そんな時はシールラベルの制作業者に依頼すれば低コストで作ってもらえます。インターネット上で注文できることが多いため、パソコンが扱えれば手間をかけることがほとんどありません。

シールラベル業者には「低コストで大量発注、そして納期が早い」ということを売りにしている所が多く、一般的なシールラベルであれば若干の差はありますが大体一週間ほどで納めてもらえます。業者にシールラベルを注文する際には目安にしましょう。ただし、特殊な加工を行う物などを注文する場合は納期が長くなることがあります。
遠隔地に発送する場合でも運送業者などの都合により届くのが遅くなります。自分のいるところは少し遠いと感じたら。納期を長めに見積もっておきましょう。ホームページには納期の詳細が掲載されているので、注文の前には必ず確認するようにしましょう。
普通のラベルと同じと思ったら届くのがやけに遅く、改めて確認したらもっと長くかかる物だったとなると少なからず支障をきたします。

シールラベルを発注してもらうには必要戸数の注文の後に原稿を送るだけです。しかし、注文後の状況によっては納期が長くなることもあります。例えば、発送予定の日時が休日だったりするとその次の営業日まで持ち越されることが多いです。
週末や祝日、または年末年始が間に挟まる場合は注意しましょう。原稿に何かしらのミスがあっても納期が長引いてしまいます。些細な問題であればメールなどで確認されるだけで済みますが、無視できないような問題があった場合には再入稿を頼まれることもあります。
業者にとっては問題が解決するまで発注できず、注文した人にとっては頼んだラベルが手元に届かないとお互いにいいことは全くありません。計画どおりにするためにも、原稿を送る前にそれが本当に送ってもいいものかどうかよく確認しましょう。